有料老人ホームは、民間企業が運営する介護施設の事を指し、地方公共団体や公的団体(社会福祉法人)が運営する特別養護老人ホーム(特養)とは仕組みがやや異なります。有料老人ホームには、介護付・住宅型・健康型の3タイプに分かれていて、65歳以上・入居一時金を支払えるといった入居条件に合致していれば入居が可能となっています。入居一時金は施設によって大きく異なる点が特徴であり、高級有料老人ホームの場合は1億円を超える場合もあります。一時金とは別に月額費用も支払う必要がある事から、入居希望のある方は60代までにしっかりとした貯金を行っておくと良いでしょう。

介護付有料老人ホームは、介護度に応じた介助をしてもらう事が可能で、食事・入浴・排泄が自分で行えない場合は、介護スタッフが手助けを行って生活の質(QOL)を高めていきます。住宅型有料老人ホームは、介護度が低めの方や自立で生活できる方を対象にしており、基本的には居室清掃・洗濯・食事の準備といった生活支援がメインとなって、施設ではゆったり過ごせるメリットがあります。健康型有料老人ホームは、自立した方が入居対象者となっていて、介護が必要と判断される場合は他の老人ホームに移るケースもあります。

有料老人ホームでの一番の楽しみといえば食事ですが、多くのホームで食事の質の高さを売りにしており、和洋から選べるケースや、通常食以外の低塩分メニュー・柔らかめのメニューなどをオーダーする事も出来ます。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 迷っているなら有料老人ホーム. All Rights Reserved