介護の仕事を探すとき、夜勤にも入ってできるだけたくさんの経験を積みたい方には有料老人ホームでの仕事が向いています。日勤帯と夜勤帯のシフトに交替制で入ることで、入居者の日中と夜間いずれかだけでなく幅広い時間帯での様子を把握できます。入居者が起床していて会話もしやすく、レクリエーションの際にも立ち会ったりできるのは日勤帯で、夜勤帯では打って変わり入居者は就寝しており施設内は静寂に包まれます。

夜勤時にはスタッフの数が少人数になり、もしも入居者の体調が急変した際はそこにいるスタッフの的確な判断が事態を左右することになります。看護師が常駐している施設もありますが、そうでない施設では提携の医療機関に応援を要請します。いずれにしても介護職には臨機応変な対応が求められ、日勤帯と夜勤帯とで異なる経験を積むことができるのです。私生活や体調面などを考慮しても夜勤に問題なく入れる方、時間帯や曜日を問わずシフトに入って経験値を上げたい方に、有料老人ホームの仕事は向いています。

一方で、有料老人ホームの仕事が向かない人には、何らかの事情があり夜勤ができない人や、土日などに固定で休みを取りたいが挙げられます。有料老人ホームでは、非常勤の雇用形態だと日勤だけで働けることもあります。しかし採用枠が限られて、それほど多くの求人に出会えないかもしれません。また、多くの場合シフト制で休みが組まれるため、土日祝日などに必ず休めるとは限りません。土日に休みたい人や夜勤を避けたい人は、有料老人ホームではなく、土日は休みで日中だけ営業をしているデイサービス施設などを検討してみるといいでしょう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2022 迷っているなら有料老人ホーム. All Rights Reserved